ガーデニングを始めよう

ガーデニングは手軽に始められる趣味の一つです。庭を飾って楽しむのはもちろん、育てた花を押し花やドライフラワーなど装飾品のもとにもできます。家庭菜園を作れば自家製野菜とハーブで毎日食卓を彩ることもできます。はじめから大きな規模を目指さずにまずはプランター一つか庭の一角から始めてみましょう。慣れてくれば同時にいくつもの植物の面倒が見られるようになります。

開花時期を考えれば失敗しにくい

植えた苗が枯れてしまう原因の多くは水不足と温度です。水不足は小まめに土と葉の様子を見ながら防ぎましょう。植物によって乾いた環境や湿った環境を好むものがあるので注意が必要です。また植える時期を間違えると温度にやられます。きちんと時期を把握するコツは開花時期を考えることです。種と苗で植えるタイミングは異なりますが花が咲くときは同じです。大体の生育期間は決まっているので逆算して遅れたり早すぎることがないようにします。

初心者でも育てられる!春に人気な植物とは

植物

初心者でも挑戦しやすい植物

ガーデニング初心者は育てやすい植物を選ぶのが簡単です。ポイントは寒さや暑さ、湿気に強いことと、開花時期が長い事です。環境の変化に強いものを選べば多少日当たりが悪かったり、温度が低かったりしても無事に花を咲かせてくれます。開花時期の長いものは植える時期を間違える失敗を減らします。お勧めはゼラニウムです。乾燥にも強いので多少水やりを忘れてもきちんと育ちます。開花の時期も長いので一度植えるだけで長い間、赤い花が庭を彩ってくれます。同じように乾燥に強いのがポーチュラカです。こちらは日当たりのいい場所で育てる必要がありますが、葉っぱに水をためることができるので頻繁な水やりは必要ありません。

園芸用品

春ならではの植物も人気

気温が上がり日差しが注ぐ時間も長くなった春はたくさんの種類の花が咲きます。特にポーチュラカはおすすめです。春らしい明るい赤や黄色の花の小さな花がたくさん咲き、庭に彩を添えてくれます。葉が多肉質で水をため込むことができるので乾燥にも強く、多少水やりを忘れても育ちます。地面に沿って育つので広い場所に植えましょう。プランターに植えるならペチュニアがおすすめです。花色が多く自分好みの花を選ぶことができます。同じペチュニアで品種違いを集めても面白い庭が出来上がります。ポーチュラカもペチュニアも開花期間が長いので一度植えた後長い期間楽しめるのが特徴です。

花や野菜を育てて生活を楽しむ

庭に花や野菜を植えると日々の成長を楽しむことができます。つぼみができてから花が咲くまでを見守ったり、実が色づいて食べられる状態になるのを心待ちにしたりと見るべきポイントはいくつもあります。また季節に合った植物を植えると季節の移り変わりも感じることができます。ビニールハウスを使えば季節違いの植物も育てられますが、初めは季節に合ったものを選ぶと失敗がありません。

広告募集中